洗濯槽裏側の"おぞましい"黒カビ汚れの対処法-水道1番館
水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

洗濯槽裏側の"おぞましい"黒カビ汚れの対処法-水まわりの生活の知恵お役立ちコラム

お役立ちコラム
ガスコンロまわりの大掃除の秘訣?
お風呂とシャワーの水道代比較
水栓器具の寿命はどれくらい?
洗濯機の排水トラブルの原因は!?
車の洗車に掛かる水量と水道代は?
洗濯槽裏側の黒カビ汚れの対処法
鏡の水はけ改善と水アカ除去
ピンク汚れ 人体のへ影響と予防方法
掃除しているのにトイレが臭う!?
 
水道1番館トップへ戻る

洗濯槽裏側の"おぞましい"黒カビ汚れの対処法

洗濯槽掃除 洗濯槽掃除

良い香りの柔軟剤を使っているのに洗濯物が何となく臭う・・・

そんな経験ありませんか?特にバスタオルなどで嫌なニオイを実感する人が多いようですが、洗濯後、天日で干しても不快なニオイが残るようなら、その臭いの原因は実は洗濯槽の汚れが原因かもしれません。


  • 洗濯槽の中や洗濯物が臭う

  • 洗濯物にゴミや汚れがつく

  • 茶色い水垢のようなゴミが出る


こんな症状が出るようなら、洗濯槽の裏側に黒カビが増殖している可能性があります。洗濯槽内側は当然洗濯の都度目に触れますし、水流の関係で汚れやカビが増殖することはありませんが、特に縦型全自動洗濯機は洗濯槽が二重になっているものが多く、その構造上洗濯槽外側のすき間には湿気が残りやすく、カビが繁殖しやすい傾向があります。洗濯槽の外側は目に触れないため、知らぬうちに大量のカビが発生しているなんてことも・・・

洗濯槽に発生する黒カビの原因は、洗濯の際に使用した洗剤のカスやそれについた皮脂汚れ、洗濯槽内部に残った湿気などが挙げられます。当然に湿度の高い梅雨時期などは繁殖力が増しますので、洗濯槽乾燥機能が付いている洗濯機などは積極的に活用し、付いていない洗濯機でも洗濯後は蓋を開けっぱなしにして、なるべく早めに洗濯槽内部を乾燥させるのがカビ防止に役立ちます。

最近は、洗濯機自体に洗濯槽洗浄などのクリーニング機能がついているので、1~3ヶ月に1回程度は洗濯槽の掃除を行うことも重要です。洗浄機能のない洗濯機などは、定期的に洗濯機に40℃前後のお湯を張り、市販の洗濯槽洗浄剤等を入れて洗濯機を回すだけでもカビ除去と防止に役立ちます。洗浄後、洗濯槽に付着した黒カビが剥がれて浮き出てくるので、そのまま排水せず可能な限り網などですくってから排水してください。そのまま排水してしまうと、洗濯機内部の排水ラインの詰まりや排水パンの詰まりの原因となります。

剥がれて浮き出てくる黒カビは、一度のすすぎでは取りきれない場合が多いので、何度か綺麗なぬるま湯で攪拌して、黒カビが浮き出てこなくなるまですすぐようにしましょう。なお、新たに洗濯機を購入する際には、洗濯槽内部の洗浄や乾燥機能を考慮した製品選びをすることも重要です。

オススメお役立ち関連記事

お風呂で簡単ストレッチ アルミサッシの掃除 水栓器具の寿命は? 洗濯機の排水トラブル