水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

お風呂の床の水垢や黒カビの上手な落とし方-水まわりの生活の知恵お役立ちコラム

  1. 水道一番館トップ
  2. 水まわりのお役立ちコラム
  3. お風呂の床の水垢や黒カビの上手な落とし方
お役立ちコラム
水まわりの器具のメンテナンス
水まわりの耐用年数と交換サイクル
水まわりを増築・追加する注意点
シンクや洗面排水の流れが悪い
大掃除に便利な掃除グッズ
大掃除後にお風呂で簡単ストレッチ
洗面台のひび割れは大丈夫?
水まわりのフルリフォーム費用
水まわりはコーティングがオススメ
水まわりのカビの種類と対応洗剤
水まわりのウロコや水垢の除去方法
水まわりからの異臭はどこから?
【DIY】エンビパイプのリペア
アルミテープで水漏れは止まる?
お風呂の水垢や黒カビの落とし方
混合水栓の仕組みと使用上の注意点
洗濯槽や洗濯機内部の洗い方
掃除しているのにトイレが臭う!?
ピンク汚れ 人体のへ影響と予防方法
鏡の水はけ改善と水アカ除去
洗濯槽裏側の黒カビ汚れの対処法
車の洗車に掛かる水量と水道代は?
洗濯機の排水トラブルの原因は!?
水栓器具の寿命はどれくらい?
お風呂とシャワーの水道代比較
ガスコンロまわりの大掃除の秘訣?
 
水道1番館トップへ戻る

お風呂の床の水垢や黒カビの上手な落とし方

汚れの種類によって対処法が異なる

お風呂や洗面台など、ご家庭での水まわりにおける水垢や黒カビ汚れなどは、切っても切り離せない問題です。いくら掃除しても、数日後にはまた汚れてしまう・・・そんな主婦泣かせの代表的な汚れが、お風呂の水垢と黒カビではないでしょうか?できる限り、お風呂の掃除はご主人に担当してもらうのがベストですが、なかなか協力が得られないのも事実。お風呂の掃除にお悩みの主婦の方にオススメの水垢・黒カビ対策をご紹介します。

まず、同じお風呂の汚れといっても水垢と黒カビでは汚れの成分が異なるため、同じ洗剤で全て落とせる訳ではありません。また、水垢と言ってもお風呂にこびり付く水垢と、車のボディにつく水垢とではまったく成分が異なりますので、例えば車のボディ用のコンパウンド入りワックスなどでお風呂を磨いても、まったく汚れは落ちません。お風呂の水垢は、床以外にも蛇口や鏡、お風呂の壁面などにも付着し、普通のブラシで擦ってもなかなか取れませんが、この水垢の成分は、水道水に含まれる炭酸カルシウムが蓄積されたもので、アルカリ性の性質を持っているので、基本的には酸性の洗剤やクレンザーなどを使用することで、簡単に汚れを落とすことができます。


市販のケミカル用品を上手に活用する!

一方の黒カビは、クロカワカビと呼ばれる世界的にも一般的に知られるカビの代表格です。お風呂に限らず、湿度の高い場所や、結露した窓枠などによく発生しますが、比較的除去も簡単なので、こまめに掃除することが肝要です。発生しやすい一方で、除去もしやすいため、長時間放置せずに黒ずんだ箇所を見つけたら、早めに黒カビ除去スプレーなどを吹き付けておくことが重要で、上述の水垢とは異なり、擦って落とせる汚れではない点に留意が必要です。よく見かける黒カビといえどカビの一種ですので、喘息やアレルギーの原因になる可能性もあり、早めの除去することが好ましいと言えます。

過去記事「お風呂の鏡の水はけ改善と水垢除去の裏ワザ!?」でもご紹介しているように、お風呂の黒カビは比較的容易に落とせますが、水垢に関しては非常に頑固で、さらに再発しやすいという特徴があります。毎日お風呂あがりに浴室内の水気を全て拭き取り、完全に乾燥させている人はいないと思いますので、水垢や湯垢といった汚れは、一生付き合って行かなければなりませんが、そうした水垢対策用のケミカルも多く市販されていますので、そうしたお掃除グッズを上手に活用すると、汚れも綺麗に落とせますし、労力や時間も大幅に短縮できます。


家庭用より業務用洗剤を活用すべき?!

ケミカル用品については、多くの場合で家庭用より業務用のほうが強力であるケースが多いです。一昔前は、業務用洗剤などはなかなか個人では入手しにくかったという背景がありますが、近年ではインターネット通販で容易に手に入るようになっていますので、くれぐれも使用方法を間違えないようにし、目立たない箇所でテストをしてから使用するようにしましょう。近年では、下記のような家庭用洗剤でも業務用に近い洗浄力を持ったケミカルも多く販売されています。

・技・職人魂 風呂職人 業務用風呂洗剤
・汚れから錆まで落とす「ハイホーム」
・スクラビングバブル 浴室・浴槽洗剤 強力バスクリーナー

定番のバスマジックリンやカビキラーなどのお風呂用洗剤でなかなか落としきれないような水垢汚れについては、業務用洗剤なども積極的に活用すると良いでしょう。ただし、くれぐれも酸性洗剤とアルカリ性洗剤を同時に使用することのないよう、各ケミカルの使用方法をよく読んでから使用するようにしましょう!これ、絶対守ってください!

▼お役立ちコラム一覧へ戻る

オススメお役立ち関連記事


掃除しているのにトイレが臭う

洗濯槽はカビだらけ?!

水栓器具の寿命は?

洗濯機の排水トラブル