水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

こんなに掛かる!?水まわりのフルリフォーム-水まわりの生活の知恵お役立ちコラム

  1. 水道一番館トップ
  2. 水まわりのお役立ちコラム
  3. こんなに掛かる!?水まわりのフルリフォーム
お役立ちコラム
水まわりの器具のメンテナンス
水まわりの耐用年数と交換サイクル
水まわりを増築・追加する注意点
シンクや洗面排水の流れが悪い
大掃除に便利な掃除グッズ
大掃除後にお風呂で簡単ストレッチ
洗面台のひび割れは大丈夫?
水まわりのフルリフォーム費用
水まわりはコーティングがオススメ
水まわりのカビの種類と対応洗剤
水まわりのウロコや水垢の除去方法
水まわりからの異臭はどこから?
【DIY】エンビパイプのリペア
アルミテープで水漏れは止まる?
お風呂の水垢や黒カビの落とし方
混合水栓の仕組みと使用上の注意点
洗濯槽や洗濯機内部の洗い方
掃除しているのにトイレが臭う!?
ピンク汚れ 人体のへ影響と予防方法
鏡の水はけ改善と水アカ除去
洗濯槽裏側の黒カビ汚れの対処法
車の洗車に掛かる水量と水道代は?
洗濯機の排水トラブルの原因は!?
水栓器具の寿命はどれくらい?
お風呂とシャワーの水道代比較
ガスコンロまわりの大掃除の秘訣?
 
水道1番館トップへ戻る

こんなに掛かる!?水まわりのフルリフォーム

予算内で賢く行う水まわりのリフォーム

こんなに掛かる!?水まわりのフルリフォーム中古の戸建てでもマンションでも、外観はさほど痛みがないように見えて、屋内の浴室やトイレなどの水まわりについては、使用頻度が高いこともあり、どうしても痛みが目立ちがちです。実際に、中古住宅を購入される方の半数以上は、水回りか床板を新品に交換するというくらいで、場合によっては水回りの配管の取り回しが困難であることから、全ての壁を取り払ってスケルトン状態にするリフォーム(リノベーション)を実施する方も少なくありません。

実際に水回りを交換するとなると、まずはキッチン、そしてトイレ、洗面所、最後にお風呂という4箇所をリフォームすることになりますが、この4箇所すべてをリフォームするとなると、ある程度まとまった額の出費は覚悟しなければなりません。もちろん、それなりの出費覚悟でフルリフォームをされた方の満足度は、それはもう例えようのない嬉しさがありますが、すべての購入者が湯水のようにお金を使える訳ではありえませんので、ご自身の予算内で優先度をしっかりと決めて、賢くリフォームしたいところです。


リフォーム費用が一番掛かる水まわりは?

上記のとおり、水まわりのリフォームは主にキッチン・トイレ・お風呂・洗面台の4箇所になりますが、皆さんもご想像のとおり、リフォーム費用として相対的に一番大きな負担となる場所がキッチン、もしくはお風呂になります。もちろんお部屋の広さや家屋の築年数などによっても価格にブレはありますが、リフォーム予算の中心価格帯として、キッチンなら100~150万円程度、お風呂であれば100~200万円前後を見ておく必要がありそうです。その他、トイレであれば30~50万円程度、洗面台は10~30万円程度が相場かもしれません。

≪水回りのリフォーム予算目安≫
・キッチン:100~150万円程度
・お風呂:100~200万円程度
・トイレ:30~50万円程度
・洗面台:10~30万円程度
※本体価格および施工代費込み

上記は、あくまで単独工事の場合の目安となりますので、仮に古いキッチンや便器を撤去したら床板が腐っていたため床板も交換しなければならなくなった、というような場合は別途費用が掛かるという点は認識しておかなければなりません。

トイレや洗面台においては、既存の便器や洗面台の撤去および、新しい機材の設置という単純な交換作業で概ね済みますので、リフォーム代としてはさほど高額にはなりませんが、キッチンにおいては、シンクやガス台の位置変更などレイアウトが変更になったりするケースが多く、配管の取り回し変更など複雑な作業も生じるため全般的に高額になるようです。もちろん、システムキッチン本体の交換だけでなく、換気扇の位置や新たに換気ダクトの設置工事なども必要となりますので、施工自体は比較的大掛かりな作業となります。


お風呂のリフォームは都心部ほど施工費用が安い?

お風呂のリニューアルについては、中古住宅を購入される多くの方が実施される水まわりリフォームの代表的な施工箇所となりますが、昨今のお風呂は戸建て住宅でもユニットバスが多いため、同等の規格品と交換するだけというケースが多いようです。もちろん、古いユニットバスを撤去して、新しいものを設置、その他配管工事等もありますので、個人レベルで対応できるような簡単な作業ではありませんが、戸建てにせよマンションにせよ、都心部の住宅においては、その多くでユニットバスが採用されていますので、特別なカスタマイズなどをされない限りは、概ね100~150万円程度の予算で納まるようです。

▼東京23区対応・キッチンやお風呂の水漏れ修理なら水道1番館にお任せ

一方で、郊外の大きな戸建て住宅ともなりますと、お風呂もユニットバスではなく在来浴室となり、リフォームの予算も青天井になってきます。在来浴室においては、その家屋にあわせた大きさで作られていることが多く、ユニットバスのような規定サイズに合わない場合がほとんどですので、在来浴室からユニットバスに変更したい場合でもサイズが合わないため、ユニットバス本体のサイズをあわせるか、もしくは在来浴室をユニットバスのサイズに合わせる必要が出てきます。これだけでも凄い予算が掛かりそうな感じで、在来浴室のリフォームに関しては、どこまでリフォームするかによって予算がまったく違ってくるのが現実のようです。

水まわりのリフォームにおいては、トイレにせよお風呂にせよ、10年や20年サイクルで必ず必要となってきますので、それを見越した家計設計を考えおくと良いでしょう。


▼お役立ちコラム一覧へ戻る

オススメお役立ち関連記事


水栓器具の寿命は?

トイレが臭うその原因は?

水まわりカビの種類と対応洗剤

混合水栓の仕組みと注意点