水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

洗面台のひび割れは放置してても大丈夫?-水まわりの生活の知恵お役立ちコラム

お役立ちコラム
大掃除に便利な掃除グッズ
大掃除後にお風呂で簡単ストレッチ
洗面台のひび割れは大丈夫?
水まわりのフルリフォーム費用
水まわりはコーティングがオススメ
水まわりのカビの種類と対応洗剤
水まわりのウロコや水垢の除去方法
水まわりからの異臭はどこから?
【DIY】エンビパイプのリペア
アルミテープで水漏れは止まる?
お風呂の水垢や黒カビの落とし方
混合水栓の仕組みと使用上の注意点
洗濯槽や洗濯機内部の洗い方
掃除しているのにトイレが臭う!?
ピンク汚れ 人体のへ影響と予防方法
鏡の水はけ改善と水アカ除去
洗濯槽裏側の黒カビ汚れの対処法
車の洗車に掛かる水量と水道代は?
洗濯機の排水トラブルの原因は!?
水栓器具の寿命はどれくらい?
お風呂とシャワーの水道代比較
ガスコンロまわりの大掃除の秘訣?
 
水道1番館トップへ戻る

洗面台のひび割れは放置してても大丈夫?

洗面台の定番トラブルがボウルのひび割れ

洗面台のひび割れは放置してても大丈夫? 近年、戸建て住宅にせよマンションにせよ、洗面所のデザインが見違えるように進化して、広々とした明るいスペースであることはもちろん、洗面台の機能そのものも多様性に富んだ作りになってきています。一昔前の洗面所というと、お風呂の脱衣所の脇にこじんまりと設置される手洗い場というイメージではありますが、昨今では現代社会のスタイルに合わせてシャンプードレッサーが当たり前となり、大きめの洗面ボウルや三面鏡、数多くの収納スペースが備え付けられた大型の洗面台が一般的となりました。

それに伴い、洗面台での洗髪はもちろん、女性であれば洗面台で化粧をしたり、多目的に活用できるスペースとなりましたが、一方で洗面台周辺に化粧品やドライヤーなどのアイテムが増えたことで、洗面ボウルに物を落とすことによるボウルのひび割れトラブルが増えつつあります。洗面ボウルは基本的に陶器でできているものが多く、硬い化粧品のビンや金属類などを落としたりすると比較的簡単にヒビが入ってしまい、衝撃が大きい場合は最悪破損してしまいます。言うまでもなく洗面ボウルは排水の受け皿ですので、破損した場合は交換以外に方法がありませんが、ひび割れのみで済んだ場合は何か対処が必要になるのでしょうか?

▼洗面所のトラブル・修理一覧はこちら


一部の破損でも全交換となるのが洗面台

洗面ボウルの陶器の割れにより、完全に穴が空いてしまうような破損であれば諦めがつくものではありますが、ひび割れ程度で洗面台の交換をされる方は非常に稀かもしれません。ちなみに洗面ボウルの陶器部分だけの交換は基本的にメーカーでも受け付けておらず(例外あり)、基本的には洗面台一式の交換となるので、洗面所リフォームのタイミングで一式交換するのが効率的かもしれませんが、まだ買ったばかりの洗面台にヒビが入ってしまったりすると簡単に交換と言うわけにはいきません。陶器の洗面ボウルは、少し欠けやひび割れでも、あとからどんどん範囲が広がり水漏れしてくる可能性があるため、ヒビの拡大を防ぐ必要があります。

洗面ボウルの素材については洗面台により様々ではありますが、一般的に多いのが陶器もしくは樹脂製で、樹脂製のほうが衝撃には強い傾向にあります。いずれにせよ、洗面ボウルに物を落とす前提で洗面台の素材を選ぶわけではないので、くれぐれも洗面台への物の落下などには気をつける必要がりますが、最悪ひび割れが入ってしまった際には、市販の補修剤でヒビの拡大を防ぐ処理を行っておくようにしましょう。

ひび割れのクラック傷は補修剤でも消せません

補修剤の詳細については取り上げませんが、水回り専用のひび割れ補修剤などは多彩に市販されておりますので、洗面ボウルの素材にあった補修剤を使用するようにしましょう。ただ、補修剤といっても、ひび割れを埋めて傷を消すという趣旨ではなく、ひび割れ拡大を防止するという観点のものが多く、それら補修剤の説明書きにも「クラック傷を消すものではない」という注意書きがなされているものもあります。あくまでヒビの拡大防止というケミカルになりますので、ひび割れ線がどうしても気になるという場合は、洗面台の交換しかないと認識しておくと良いでしょう。

ある程度経年している洗面台であれば、それを期に洗面台の交換および洗面所まわりの水漏れチェックなどを実施することをオススメします。水漏れは、その漏れが気付くようであれば重症であり、多くの場合で気付かない程度の水漏れが進行し、床やその他の箇所を時間を掛けて腐食させていきます。洗面台のひび割れも気付かないうちに徐々に進行していく可能性がありますので、定期的に洗面台下の収納箇所の排水トラップまわりなどをチェックし、水漏れが進行していないかをチェックしておきましょう。


▼お役立ちコラム一覧へ戻る

オススメお役立ち関連記事

ガスコンロの大掃除の秘訣? お風呂で簡単ストレッチ 水垢や黒カビの落とし方 アルミサッシの掃除