水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

家屋に水まわりを増築・追加する際の注意点-水まわりの生活の知恵お役立ちコラム

  1. 水道一番館トップ
  2. 水まわりのお役立ちコラム
  3. 家屋に水まわりを増築・追加する際の注意点
お役立ちコラム
水まわりの器具のメンテナンス
水まわりの耐用年数と交換サイクル
水まわりを増築・追加する注意点
シンクや洗面排水の流れが悪い
大掃除に便利な掃除グッズ
大掃除後にお風呂で簡単ストレッチ
洗面台のひび割れは大丈夫?
水まわりのフルリフォーム費用
水まわりはコーティングがオススメ
水まわりのカビの種類と対応洗剤
水まわりのウロコや水垢の除去方法
水まわりからの異臭はどこから?
【DIY】エンビパイプのリペア
アルミテープで水漏れは止まる?
お風呂の水垢や黒カビの落とし方
混合水栓の仕組みと使用上の注意点
洗濯槽や洗濯機内部の洗い方
掃除しているのにトイレが臭う!?
ピンク汚れ 人体のへ影響と予防方法
鏡の水はけ改善と水アカ除去
洗濯槽裏側の黒カビ汚れの対処法
車の洗車に掛かる水量と水道代は?
洗濯機の排水トラブルの原因は!?
水栓器具の寿命はどれくらい?
お風呂とシャワーの水道代比較
ガスコンロまわりの大掃除の秘訣?
 
水道1番館トップへ戻る

家屋に水まわりを増築・追加する際の注意点

増築、移動リフォームは普通のリフォームより費用がかかる。

家屋に水まわりを増築・追加する際の注意点 リフォームなどでキッチンやお風呂、洗面所など、水まわりを増築、追加、もしくは移動することはよくあることと思います。
ですが、実は注意した方がいいことが幾つかあります。

水まわりの増築や移動を行うと、それまでの設備の解体、撤去はもちろん、床下、壁の中の古い配管を撤去して、新しい配管をする必要がありますので、床や壁の工事も必要になります。
また、撤去後は新たに壁を作る、床を作るなどの工事も必要となるため、材料費、工事費ともに必要となってくるのです。

○おおよその予算

キッチンの移動リフォーム・・・250~300万円
バスルームの移動リフォーム・・・150万~250万円
トイレの移動リフォーム・・・40万~50万円
洗面所の移動リフォーム・・・20万~40万円


水まわりの移動、増築リフォームが出来ない場合がある

水まわりの増築、追加、移動リフォームをするなら考えておかなければならないこととして、必ずしも希望通りの場所に設置できないという場合があるということです。
戸建ての場合は自由度が高いのですが、床下や壁面、一階と二階の天井などに物理的なスペースが足りず、移動できないことも。

また、排水管は水の流れを良くするために高低差のある勾配をつける必要があります。そのスペースが確保できない場合は水まわりの移動、増築が出来ません。つまり、本来あるべき排水管の場所から離れている場合は、設置が難しいということになります。

マンションの場合は管理組合の規定やマンションの工法にも関わってきますので、よくよく管理規約を確認しましょう。もしリフォーム前提でマンションを購入するなら、希望の水まわりの工事ができるかどうか確認することをおすすめします。


水まわり、まとめてリフォームするのがお得

水まわり、まとめてリフォームするのがお得

また、水まわりの増築や追加のリフォーム代金は、元々あった設備を解体、排水管を移動、増設したり撤去したりする必要があるため、どうしても高額になってしまいます。そこで、もしキッチン、お風呂、トイレ、など複数の場所をリフォームする予定があるなら、工事を分けず、まとめてリフォームするのがお得です。
床下や壁の中の配管や排水パイプの設置をまとめてしまうことで、材料費や工賃も安く抑えられるのです。

また、リフォームで一番費用が高いのが水まわり。それらをまとめることで値引きの交渉に応じてもらえる場合も。
水まわりのリフォームとともに、床や壁はもちろん、照明も一新するのがおすすめです。


たとえ水まわりを移動できたとしても、排水管の位置は重要

アイランドキッチン、新しいユニットバス、導線を考えたトイレの移動……。 便利で快適な生活のためにリフォームする時、水まわりを増やしたり場所を変更する時もっとも問題になるのが排水管です。

もともとの排水管の場所は、排水のことを考え、本管へ効率良く流れるよう配置しているのですが、それを動かすと、排水管そのものが長くなり、そのことによって詰まりが生じやすくなります。排水のことを考えるなら、水まわりの位置は動かさないほうがいい、とアドバイスするリフォーム業者もいます。

また、もしそのような、配管を長くして好きな場所に移動するような無理のあるリフォームをした場合、高圧洗浄機を使って、定期的にクリーニングするなど、メンテナンスに気を配るようにしてください。
お風呂も排水管をいたわるために、塩分や硫黄などの配合された入浴剤などを使わないようにしてください。

すでにリフォーム済みの水まわりが不調な場合は、一度水道一番館にご連絡ください。つまりの原因から対策。長く快適に使えるようご相談に乗ります!


▼お役立ちコラム一覧へ戻る

オススメお役立ち関連記事


シンクや排水の流れが悪い

水まわりの耐用年数と交換

水まわりのメンテナンス

水栓器具の寿命は?