水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

ぬめり徹底除去!水まわりの嫌なヌメりの取り方-水まわりの生活の知恵お役立ちコラム

  1. 水道一番館トップ
  2. 水まわりのお役立ちコラム
  3. ぬめり徹底除去!水まわりの嫌なヌメりの取り方
お役立ちコラム
大掃除に便利な掃除グッズ
大掃除後にお風呂で簡単ストレッチ
洗面台のひび割れは大丈夫?
水まわりのフルリフォーム費用
水まわりはコーティングがオススメ
水まわりのカビの種類と対応洗剤
水まわりのウロコや水垢の除去方法
水まわりからの異臭はどこから?
【DIY】エンビパイプのリペア
アルミテープで水漏れは止まる?
お風呂の水垢や黒カビの落とし方
混合水栓の仕組みと使用上の注意点
洗濯槽や洗濯機内部の洗い方
掃除しているのにトイレが臭う!?
ピンク汚れ 人体のへ影響と予防方法
鏡の水はけ改善と水アカ除去
洗濯槽裏側の黒カビ汚れの対処法
車の洗車に掛かる水量と水道代は?
洗濯機の排水トラブルの原因は!?
水栓器具の寿命はどれくらい?
お風呂とシャワーの水道代比較
ガスコンロまわりの大掃除の秘訣?
 
水道1番館トップへ戻る

ぬめり徹底除去!水まわりの嫌なヌメりの取り方

ぬめり徹底除去!水まわりの嫌なヌメりの取り方
水まわりのぬめり、本当に嫌ですよね。毎日洗剤を使ってスポンジで擦って綺麗に掃除しているのにもかかわらず、いつのまにかぬるぬる。 このぬめりとは一体なんなのか知っていますか?
ぬめりとは汚れというより、カビ、雑菌なんです。
汚れを餌にして増えてしまったこれらの雑菌は、普通に掃除しても掃除してもまた増えてしまうんですね。

対策として一番強力なのはキッチン用の漂白剤やカビを殺す洗剤です。
ですが、これらはかなり強力で、換気も必要、さらに、強力な洗剤なので、水周りの塗装や素材をいためかねません。日々の掃除にはあまり向かず、スペシャルケアとして使うのが良いでしょう。普段はもう少し安心安全な掃除を心がけがけたいもの。一旦除去されたカビがまた猛烈な勢いで増える前に、ぬめりの正体を理解して洗剤の種類や組み合わせを工夫して掃除しておけば、ぬめりはかなり防げるんですよ。


重曹で殺菌、掃除する

ぬめりの正体であるカビは、生き物。つまり、たんぱく質、脂質、糖分などが組み合わさってできています。もちろん普通の洗剤でも落とすことはできますが、身近にある安全なものを使って退治できるんです。
それは重曹。重曹は油汚れやたんぱく質汚れをすっきり落とすことができます。カレーの鍋やギトギトの油のボトルも、重曹と熱湯を入れてよくかきまぜてしばらく放置、洗い流すと信じられないくらいさっぱりと綺麗に落ちてしまいます。また、お風呂に適量入れると、不要な肌の角質を取り除いてくれ、すっきりつるつるの素肌に。この重曹を使うと、おもにたんぱく質と脂質でできているカビも綺麗に落とせるんです。

水周りの掃除に使う重曹はクッキング用のものではなくて、百円均一や台所用品、掃除用品の売り場にあるものでけっこうです。前述の利用方法をはじめ、重曹は様々な使い方ができるので、ストックしておいても損はありません。
水周りの掃除での使い方は簡単。重曹をスポンジにつけて擦ります。重曹の殺菌効果とクレンザー効果でぬめりの元になっている菌を除菌、磨くことができます。しつこいカビにはこの重曹に少し水を加えて練ったものを塗りつけて、その後は擦ってから流すと、かなりぬめりがさっぱりしますよ。


重曹とクエン酸、もしくは酢で汚れを浮かび上がらせる。

少し手間がかかりますが、ぬめりだけでなくパイプつまりにも効果がある方法です。
重曹を100グラム程度排水口やぬめっている場所にふりかけます。重曹を良くなじませるため軽くブラシで擦っても良いでしょう。しばらく時間を置いたら、酢を重曹の半分の量の50CCもしくは、重曹の半分の量の50グラムのクエン酸を溶かした溶液をふりかけます。すぐに反応がはじまり泡が立ちます。しばらく置いてから湯を勢いよくかけると、こすらなくても汚れが浮かび上がってきます。残った汚れも重曹をつけた歯ブラシで擦ればあら綺麗。面白くなって色々な排水口で試したくなること請け合いです。 反応をしっかり起こさせるため、酢やクエン酸は重曹の半分、と覚えておいてくださいね!


二つの汚れの違いを理解して使い分ける

汚れの違いを理解しておくと、どの洗剤を使うと良いかはっきりします。

・重曹は脂汚れやたんぱく質の汚れに強い
・クエン酸はカルシウムに強い

ぬめりの正体は菌類、つまりたんぱく質なので、重曹による掃除が有効。 しかし、ぬめぬめは菌類だけでなく、菌類の温床となっている場所を除去することが大切。水垢は菌類が付着しやすい場所となるので、その水垢を除去しておくと、つるつるした清潔な水周りが保てるのです。水垢はカルシウムでできています。蛇口などに付着したまだらに白い粉がそれです。それをカルシウムを溶かす力のあるクエン酸は溶かして綺麗にしてくれます。ですので、クエン酸スプレーを作ってふきかけ、ブラシしておきましょう。


重曹やクエン酸を使った掃除の後に、忘れてはいけないひと手間

さて、この重曹を使った掃除で菌を綺麗に洗い流したとしても、またまた菌はどこからともなくやってきて、ぬるぬるが復活してしまいます。
それを防ぐために殺菌消毒のひと手間を加えることで、ぐんと清潔な状態が長続きします。
それは、消毒用のエタノールを仕上げスプレーしておくことです。
この時のおすすめの濃度は80パーセント。このアルコールによる消毒は掃除しても掃除しても出てくるお風呂のカビにも有効なので是非試してみてください。

しっかり除菌したとしてもカビは空気中を浮遊しているので、住み心地がよければまた繁殖してしまいます。
こまめな掃除を心がけると簡単な掃除で綺麗な状態を保てるので是非試してみてくださいね!

▼お役立ちコラム一覧へ戻る

オススメお役立ち関連記事


お風呂で簡単ストレッチ

アルミサッシの掃除

水栓器具の寿命は?

洗濯機の排水トラブル