水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

ちょっとした工夫で防げるお風呂や脱衣所のカビ対策-水まわりの生活の知恵お役立ちコラム

  1. 水道一番館トップ
  2. 水まわりのお役立ちコラム
  3. ちょっとした工夫で防げるお風呂や脱衣所のカビ対策
お役立ちコラム
大掃除に便利な掃除グッズ
大掃除後にお風呂で簡単ストレッチ
洗面台のひび割れは大丈夫?
水まわりのフルリフォーム費用
水まわりはコーティングがオススメ
水まわりのカビの種類と対応洗剤
水まわりのウロコや水垢の除去方法
水まわりからの異臭はどこから?
【DIY】エンビパイプのリペア
アルミテープで水漏れは止まる?
お風呂の水垢や黒カビの落とし方
混合水栓の仕組みと使用上の注意点
洗濯槽や洗濯機内部の洗い方
掃除しているのにトイレが臭う!?
ピンク汚れ 人体のへ影響と予防方法
鏡の水はけ改善と水アカ除去
洗濯槽裏側の黒カビ汚れの対処法
車の洗車に掛かる水量と水道代は?
洗濯機の排水トラブルの原因は!?
水栓器具の寿命はどれくらい?
お風呂とシャワーの水道代比較
ガスコンロまわりの大掃除の秘訣?
 
水道1番館トップへ戻る

ちょっとした工夫で防げるお風呂や脱衣所のカビ対策


換気扇をずっとつけっぱなしにしていても、漂白剤入りの洗剤で一生懸命掃除しても、じめじめした季節にはまたちらほらと復活してしまう。
そもそも、カビ退治の洗剤は使ってるとクラクラするし、気合が必要。お風呂場や脱衣場のカビ問題は、悩ましいですね。
このページではちょっとした工夫でカビを防ぐ裏技を解説していきます。

カビの住処を作らない。

ちょっとした工夫で防げるお風呂や脱衣所のカビ対策

お風呂に入る時のこまごました小物、洗面器や椅子などの裏側には思わぬカビが潜んでいることも。
洗面器は立ててしまうようにし、椅子は天地をさかさまにしてみましょう。
これだけで、カビの温床となるこもった部分が減り、通気性が良くなるので、カビが発生しにくくなるのです。 そして、最終手段、お風呂にシャンプーや石鹸などを置かない、という手もあります。最近はトレイ付きのお風呂用かごも100円ショップなどで販売されているようです。たしかに、今までなかったのが不思議なほど需要のある商品ですね。
お風呂に入る時は、出る時にざっとシャワーで床や壁を流しておきます。石鹸カスなどを流しておくだけでだいぶカビの増殖を防げるので。また、お湯が張っているお風呂の蓋は必ず閉めるようにします。 換気扇はずっとつけっぱなしだと望ましいですね。

脱衣場、洗面所のカビを防ぐ

お風呂場の湿気がこもることや、体を拭いたタオル、バスマットなど、濡れた布があること、洗濯機がある場合も多いため、脱衣場や洗面所もカビの温床になりがちです。

まず、お風呂の後、脱衣場に行く前に、浴室内でざっと体を拭きます。脱衣場に出たら、すばやく風呂の戸を閉めます。
どういうことかと申しますと、風呂場の湿気や自分の体の湿気から脱衣場を守るためです。風呂場の扉を開けっ放しにしますと、大量の湿気が脱衣場を襲うことに。風呂場の換気のためとお考えの方は、風呂場はすぐに換気扇を回しましょう。
また、使った後のバスマットは床に置きっぱなしにせず、使用後は干す、あるいはさっさと洗濯してしまうのがおすすめ。
水気を含んだまま置いておくと、床にもカビが出る恐れが。
最近は珪藻土を使ったものや、新素材による吸水性、蒸発性に優れたバスマットも出ているようです。
ま体を拭いたタオルはそのまま洗濯機に入れてすぐ洗えばいいのですが、数日放置するなどしてしまうと、あっという間にカビの温床に。すぐに洗えない場合はタオルかけに広げておくなど、乾燥につとめましょう。


最近はバイオの力でカビの発生を抑える品物も出ているようです。環境によっても効果は違うようですが、値段も手頃ですし、壁や天井に貼っておけばいいなど、手軽ですので、一度試してみる価値はありそうです。

▼お役立ちコラム一覧へ戻る

オススメお役立ち関連記事

ガスコンロの大掃除の秘訣? お風呂で簡単ストレッチ 水垢や黒カビの落とし方 アルミサッシの掃除