水漏れやつまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

よくある質問|トイレなど水回りの水漏れ・つまりに24時間対応。専門スタッフが駆けつけて修理します。

WEB限定キャンペーン中
【対象者】 当サイトから[トイレのつまり、水漏れ、修理]
[キッチンのつまり、水漏れ]のご依頼を頂いた方全員」
ご依頼から作業までの流れ
よくある質問
トイレのトラブル
排水溝のトラブル
お風呂のトラブル
洗面所のトラブル
キッチンのトラブル
 
全国対応致します
 
 
 
よくある質問
こちらのページでは、水道1番館によくいただく水まわりトラブルに関するご質問をご紹介いたします。
該当するお悩み事例がございましたら、下記の各質問のリンクをクリックして回答をご確認ください。ご自身で対処できる場合もございます。 なお、下記に掲載されていないご質問やご自身で対処できない場合は、お気軽にお電話やお問い合わせフォームよりご連絡ください。
緊急のお問い合わせはこちら
トイレのトラブルについて
Q1 レバーをひねってもトイレの水が流れないのですが・・・
幾つかの原因が考えられますが、まず水を流すレバーとタンク内の栓(フロートバルブ)をつないでいる鎖が何らかの原因で外れていたり、断裂しているとレバーをひねっても水が流れません (レバーをひねっても水が流れない場合)。また、止水栓からの給水が何らかの原因で止まってしまっていると、タンク内の水が空となり当然水は流れません。前者はご自身でも比較的対応できますが、後者は給水を制御するボールタップが故障している可能性がありますので、お早めに水道1番館にご相談下さい。
Q2 手洗い管から水が出なくなったのですが・・・
レバーをひねって通常通り水は流れるのに手洗い管から水がでないという状況であれば、タンク内の手洗い管につながる蛇腹ホースやナットが外れて、直接タンク内に水が溜まっている可能性があります。トイレを使用するうえでは問題ありませんが、漏水等の原因になりますので、蛇腹ホースと手洗い管をつなぎ直すか、蛇腹ホースがひび割れ等起こしているようであれば新品に交換する必要があります(手洗い管の水が止まらない場合)。
Q3 トイレの水を流したら、いつまでも水が流れ続けている
タンク内の栓(フロートバルブ)が何らかの原因で閉じずに、便器へ水が流れ続けている状態では、タンク内の水量が規定値まで上昇せず、止水栓が閉まらずに水が流れ続けてしまいます。水が流れ続けてもタンクから水があふれてしまうことは構造的にありませんが、フロートバルブに何かが挟まって閉まりきらない、もしくはフロートバルブそのものの密封性が失われている可能性がありますので、タンク内を一度確認してください(タンクの水が止まらない場合)。
Q4 トイレがつまって汚水があふれそうです・・・
水は何度流しても状況は変わりませんので、絶対にそれ以上水を流さないようにしてください。バケツ等で可能な限り便器内の水を減らして、水道1番館にご連絡下さい。なお、つまりの原因に心当たりがある場合は必ずスタッフにお申し付け下さい。つまりの原因や内容によってご用意する機材が異なる場合があります。便器内のトラップでのつまりなら解消できる場合もありますが、排水管内のつまりの場合、ラバーカップでは解消できません。
便器がつまった場合
自分でできるトイレつまりの解消法
Q5 トイレ部品の寿命はどの程度でしょうか?
一般的に水まわり器具の寿命は10年と言われますが、トイレ部品には多くのゴム製品が使われているうえ、利用頻度も高いため、特にゴム製品となるフロートバルブなどは、実際に手で触って、手にゴムの黒い跡が付く様なら交換時期と捉えた方が無難です。極稀にボールタップ(浮球)に穴が開いて、水がたまってもボールタップが上がらず水が止まらないという事象もありますので、年に1度は点検をされると良いでしょう。
Q6 和式便器から洋式便器へのリフォームはできるのですか?
水道1番館ではトイレリフォームも承っておりますのでお気軽にご相談下さい。タンク付きトイレからタンクレストイレへの交換なども対応しております。トイレが狭いと感じている場合、タンクレストイレに交換すると数センチセットバックできる場合があり、それだけでも随分と足元のスペースが広がります。アタッチメント等はほぼ全機種対応しておりますので、どのメーカーでも概ね交換可能です。
▲よくあるご質問トップ
排水口・排水管・その他のトラブルについて
Q1 排水口からの悪臭を改善したい。
排水口の嫌なニオイの原因は様々ですので、まずは排水口に一番近い排水トラップがしっかりと機能しているかをご確認下さい。トラップに封水と呼ばれる下水の臭気や害虫などが上がってこないための溜水がありますが、これが何らかの原因で不足していると下水からの臭気が排水口まで上がってきてしまいますので、一度水道1番館までご相談下さい。封水下がりの詳細は封水の下がりや切れの原因・修理についても合わせてご参照下さい。
Q2 お風呂の排水に貴金属を落としてしまった・・・
洗面所やキッチンシンクとはことなり、お風呂の排水トラップは外せないものもありますので、場合によっては高圧洗浄機等で排水管に水圧を掛けて、屋外などの排水枡まで押し流す必要がある場合があります。一般的なユニットバスの場合、貴金属類は封水底に沈むので下水まで流れ出てしまう可能性は低いのですが、浴槽下の排水トラップを徹底して探すしか方法がありません。軽く浮いてしまうピアスなどは下水まで流れ出てしまう恐れがあります。
Q3 浴槽の排水が洗い場の排水に逆流してくる。
お風呂の排水の構造上、一度に大量の排水を行う浴槽は、排水パイプへ流れきらなかった浴槽の水が、トラップを介して洗い場の排水口からあふれ出てくる場合があります。汚れやつまりで排水管がつまっていたり細くなっていると、逆流の可能性は高くなります。洗い場の方に逆流すると、汚れた排水が洗い場を覆うことになるので非常に不衛生ですので、お早めに水道1番館にご相談下さい。
Q4 排水の流れが悪いので改善したい。
排水管のつまりや屋外排水枡の汚れ等、様々な原因が考えられますので、まずは屋外の排水枡内に雑草などの異物が排水の邪魔をしていないか、そしてお風呂やキッチンなどの排水わまりのパイプ清掃などを行うことをオススメします。市販の液体パイプクリーナーなどは、実際のつまり箇所まで薬液が届かず効果が出ないので、ワイヤーブラシや高圧洗浄などを組み合わせる必要があります(排水トラブル修理ガイドも合わせてご覧下さい)。
▲よくあるご質問トップ
お風呂のトラブルについて
Q1 洗い場の排水がつまって流れが悪いのですが
洗い場の排水は、"抜け毛"や"石鹸かす"などでつまりが生じやすいうえ、掃除するのが困難な箇所なので、市販の髪の毛キャッチなどを排水口に貼り付けるなどして常日頃から髪の毛等が排水に流れてしまわないよう留意する必要があります。また、髪の毛等を除去する排水管掃除用のパイプクリーナーなどを流して定期的に掃除することも重要です(お風呂の排水の流れが悪い場合)。
Q2 浴槽の水を抜くと洗い場の排水から水があふれ出てきます。
浴槽の排水も洗い場の排水も1箇所のトラップで集約されているので、特に異常が生じているわけではありませんが、排水の流れが悪くなっている可能性がありますので、一度排水口や屋外の排水枡などの点検をして、汚れ等がひどいようであれば清掃することで改善される場合があります。
Q3 シャワーノズル根元から水が漏れているので直したい。
ノズル根元のパッキンが劣化して割れてしまっている可能性があります。パッキン交換のみで直る場合もありますが、シャワーノズル周りの部品が既に10年異常経過しているようであれば、新品の物に交換した方が良い場合もあります。その他のゴム部品も劣化によるひび割れが生じてくる時期になりますので、それを機に新しい物への交換をご検討下さい。
シャワーヘッドからの水漏れの場合
シャワーホースからの水漏れの場合
Q4 シャワーとカランの切り替え部分から水漏れしている
シャワーバス切替弁の故障もしくはパッキン劣化が考えられます。一度切替弁ノズルを外して、ゴミ等がつまってないか確認し、再度組みなおしても水漏れするようであれば部品交換が必要です。水栓器具メーカーごとで指定がありますので指定された部品に交換しましょう。水道1番館ではメーカーと型番をご指定いただければ、事前にご用意のうえ交換作業に伺います(カランとシャワーの切替えが故障した場合)。
Q5 シャワーの水圧が弱いので強くしたい
水圧の関係は様々な要因がありますが、個人で対応できる作業としては、水道根元の止水栓が全開になっているかを確認します。次に止水栓部に取り付けられているフィルターがゴミなどで目詰まりしていないか確認して下さい。スパウトからは勢い良く水が出るのに、シャワーからの出が悪いということであれば、シャワーヘッド自体を低水圧用に変更すれば水圧を高めることができます。家に届いている水道圧力自体が弱い場合は水道局や建物の管理者等にご相談いただくことをオススメします。
▲よくあるご質問トップ
洗面所のトラブルについて
Q1 洗面台下の収納箇所が湿っているのですが・・・
どこかしらで水漏れが発生している可能性が高いので、調査・点検も含めて一度水道1番館にご依頼ください。洗面台のタイプにもよりますが、シャワータイプの洗面台は、蛇腹ホースの蛇腹に水滴が溜まりやすく、洗面台下のホース収納ケース内に水が溜まっている場合があります。その他、排水トラップ付近から水が漏れていないかチェックしてください(洗面所のトラブル修理ガイドも合わせてご覧下さい)。
Q2 洗面台の排水に大切なピアスを落としてしまったのですが
基本的に排水まで流れてしまう可能性は低く、洗面台下のSトラップ内で沈んでいるものと思われます。いずれの場合もトラップを外す必要がありますので、それ以上の水を流さないようにして、早めに水道1番館までご連絡下さい。
Q3 洗面台の排水口から下水の悪臭がする
何らかの原因でトラップの水(封水)がなくなってしまって、下水の臭気が排水口まで上がってきていると思われます。また、洗面台下のSトラップの緩みなどの可能性もあります。排水パイプの汚れが原因になって可能性もありますが、市販のパイプクリーナーなどではそれほど解消しませんので水道1番館までお早めにご相談下さい。
Q4 洗面台の排水口がつまって流れない
洗面台はキッチンシンク以上に髪の毛やゴミなどの異物を流しやすい箇所ではありますので、つまりが発生しやすい傾向にあります。多くのケースがSトラップまわりのつまりで、一度Sトラップを外して掃除すれば解決する場合がありますが、Sトラップを掃除してもまたすぐにつまりが発生するようなら、お早めに水道1番館にお声掛け下さい(Sトラップから水漏れしている場合)。
Q5 洗面台下から水がポタポタと漏れる音がする・・・
ポタポタ音が聞こえるようだと、水漏れしている量は相当に多いので、早めに水漏れ箇所を特定するのはもちろん、その箇所によっては業者対応が必要になるケースも多々あります。特にシャワーホース等の付け根付近からの水漏れは対応が困難なので、お早めにご相談いただくことをオススメします。
Q6 洗面所の蛇口をシャワータイプに交換したい
水道1番館では配管状況に応じて様々なリフォームプランをご提案いたしますので、まずは現場を確認させていただき、その状況に合わせて最適なリフォームをご提案いたします。
▲よくあるご質問トップ
キッチンのトラブルについて
Q1 キッチンの蛇口から水漏れしているのですが・・・
蛇口のタイプによって様々な理由が考えられますが、多くが内蔵されているパッキン劣化による水漏れやハンドルの動きが悪くなったりします。水栓金具の寿命は10年と言われておりますので、10年以上経過されているようでしたら、金具の交換も検討された方が良いでしょう。
Q2 水栓金具を交換したいのですが、自分でできますか?
近年の水栓金具は、食洗器へ分岐していたりビルトイン浄水器、タッチスイッチ式水栓金具など複雑な構造を持つタイプが増えてきておりますので、業者に依頼した方がトラブルは起こりにくいと思われます。ディスポーザー(生ごみ処理機)と連動しているタイプは交換不可で、シングルレバー水栓金具でも専用工具がないと取り外せないタイプもありますので、一度水道1番館にご相談ください。
Q3 水とお湯の切り替えハンドルの動きが硬いので直したい
水栓金具のメーカーや種類によって呼び方が異なりますが、多くが水栓金具内に設置されているカートリッジ(ゴミフィルター)の目詰まりか、パッキンの劣化です。カートリッジが目詰まりすると水栓レバー根元から水漏れしやすくなりますので、この場合は早い段階で交換した方が良いでしょう。
Q4 シンク下から水漏れしているようだ・・・
シンクしたのSトラップ付近を確認してください。配管の劣化や排水ホースのひび割れなどが考えられます。またSトラップに排水弁(水抜きキャップ)が付いているタイプは、ここのゴムが劣化して水漏れを起こしている場合があります。シンク下に物を収納しすぎて排水弁(水抜きキャップ)にぶつかっている場合もありますのでご注意下さい。
Q5 ツーホールやワンホールとは何ですか?
水栓金具は使用する場所や用途、形状などによって様々な種類がありますが、ワンホールとは水栓金具の取付け穴が1つしかないタイプ、ツーホールとは2つの穴があるタイプで、シングルレバータイプの蛇口でも、ワンホールとツーホールがあります。ツーホールの場合、穴と穴の距離(ピッチ)は各メーカー共通の規格となっておりますので、基本的にはアタッチメント等なしで交換できます。ワンホールの場合も基本的には33mm~39mmで共通規格となっておりますが、水栓金具によっては55mmタイプもありますのでご注意下さい。詳しくは水道1番館スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。
▲よくあるご質問トップ
水道1番館について
Q1 営業時間は24時間対応なのですか?
24時間365日、祝祭日問わず、お電話もしくはEメールにて受付しております。ただし、修理作業対応時間は周りの環境等も踏まえ、7時から24時までとしておりますので、作業対象時間外の際はコールセンターにて応急処置方法をお伝えし、翌朝お伺いとさせて頂きます。
Q2 どのような場所でも来てもらえるのでしょうか?
水道1番館では、47都道府県80拠点を構えておりますので、どのようなお住いでも最短30分でお伺いいたします。なお、道路状況等によってはお時間を要する場合がございますので、その際はコールセンタースタッフから大よその時間をお伝えさせて頂きます。
Q3 修理に掛かる時間はどのくらいでしょうか?
作業内容により様々ですが、平均的な作業であれば30分~120分程、リフォームの場合は半日から1日程を要します。なお、不在対応はいたしませんので、作業日当日は必ずご在宅下さいますようお願いします。
Q4 見積もり後、その場で依頼しなければなりませんか?
点検やお見積りは無料で、その場で必ず修理作業をご依頼いただく必要はございません。提示金額を精査のうえ、後日(御見積り有効期限内に)ご依頼頂いても結構です。なお、点検に30分以上の時間を要する場合は、別途料金が発生する場合があります(別途料金が発生する場合は事前にお伝えいたします)。
Q5 おおよその料金を教えてください。
作業料金につきましては、料金一覧表をご確認下さい。
なお、現地調査のうえ現場にて正式な御見積りを提示させて頂きます。
Q6 代金の支払い方法を教えてください。
現金・クレジットカード・お振込みでの支払いが可能です。
Q7 自宅に人を上げるのが心配です。
お伺いするサービススタッフは全員正社員で、施工技術の研修はもちろん、服装や礼儀など大事な住まいにお伺いさせていただくサービスマンとしてのマナー研修も終了した一流のスタッフです。水まわりに関するノウハウは技術の研鑽、サービス業としての高い意識を社員全員で共有しておりますので、どうぞご安心下さい。
Q8 個人情報の取り扱いはどのようになっていますか?
お客様からお預かりした個人情報は、個人情報保護方針にて定めるとおり厳格に管理し、遵守しております。
▲よくあるご質問トップ