ご自分でできる排水溝や排水管のつまり・悪臭のトラブル修理ガイド

お問合せはコチラ

「排水溝・排水管のつまりやトラブルを自分で修理したい」
そんな方に「自分でできる」修理方法をご紹介します。

排水溝のつまり修理の基本

 

日頃から少しずつお手入れができれば、つまりを防ぐことができます。

排水溝のつまりトラブルは、日頃の点検・掃除によって防ぐことができますが、つまりが起こるまで放置すると大変な清掃作業が伴うことがあります。ここでは、つまりの予防方法と修理作業に必要な基本的な情報を紹介しています。

○道具・備品で用意しておくもの

【道具】ラバーカップ、真空式パイプクリーナー、バケツ、ウォーターポンププライヤー、筒用ブラシ
【材料】パイプ用の洗浄剤、トイレ用クリーナー、ワイヤークリーナー、下水用クリーナー、交換用パッキン、ワイヤークリーナー

 

排水溝・排水管のつまりを予防する方法

パイプ用の洗浄剤で排水まわりのトラブルを事前に防ぐ!

排水溝・排水管のつまりや悪臭の原因は、油汚れの蓄積・硬化や、水垢ヘドロなどが溜まることで細菌が発生しているなどがありますが、定期的にパイプ用の洗剤を使用することで、つまりや悪臭を防ぐことができます。

パイプ用の洗浄剤には、アルカリ性・酸素・発熱・発砲の作用を持つ「顆粒タイプ」と、界面活性剤、次亜塩素酸ナトリウム、水酸化ナトリウムを成分に持つ「液体タイプ」があり、つまりや悪臭の予防を定期的に行う場合は、顆粒タイプの洗剤を排水溝の周りにかけた後、お湯でゆっくり流し込んで時間を置いた後に流すことで、つまりや悪臭の原因を分解する効果があります。実際につまりが起きてしまった場合には、液体タイプの洗剤を排水溝の中へ直接流し込み、硬化して大きな塊となった汚れを溶かしてから流します。

台所の排水溝・排水管のつまりを防ぐには

台所の排水溝がつまる原因は、調理・食事をした後の野菜やお肉、ご飯粒やお茶っ葉などの生ごみのカスや、天ぷらなどの揚げ物料理に使った油を流すことで起こります。排水溝の入り口にゴミ受けネットをかぶせることで、大半のゴミは防げますが、小さなカスや油などは、隙間を通って排水溝に流れていきます。

つまりの予防策として、台所のシンクにはゴミを置かないで、三角コーナーやゴミ袋などにまとめて捨てるようにしましょう。また使い終わった油の処理は、紙パックやポリ袋に新聞紙や不要な紙タオル、吸水性の高い紙類を詰めて、冷ました状態の油と自然発火防止のために水も一緒に流し込み、燃えるごみとして捨てましょう。注意点としては、紙パックもポリ袋も口元を粘着テープ等でしっかり止め、穴が開いていないか必ず確認を行いましょう。別の方法としては、油凝固剤を使い油を十分に固まらせてから燃えるごみと一緒に捨てることもできます。

お風呂の排水溝・排水管のつまりを防ぐには

お風呂の排水溝・排水管のつまりの原因は、体から出る皮脂・石けんやシャンプー・水垢ヘドロなど、様々なつまりの要因がありますが、お風呂でのつまりで最も大きな原因の一つが髪の毛です。髪の毛は石けんのヌメリや水垢ヘドロにくっつきやすく、髪の毛が巻き付くことでさらに大きな塊となり、お風呂のつまりトラブルとなり、家庭用の洗剤では溶かすことができないケースもあります。

つまりの予防としては、皮脂はアルカリ性、石けん・シャンプー・水垢は酸性、髪の毛は水酸化ナトリウムに弱く溶かしやすいため、汚れが気になりはじめたら、ご家庭の汚れに合わせた洗浄剤を使用し、つまりトラブルを開始しましょう。注意点として、塩素系洗浄剤と酸性洗浄剤は一緒に使わないでください。この二つを混ぜることで「塩素ガス」が発生し人体に影響を及ぼし危険ですので、洗剤の成分表をしっかりと確認してから使用しましょう。

パイプクリーナーを使用した排水溝の洗浄方法

 

ラバーカップ・真空式パイプクリーナーを使用する場合

洗面台やその他の流し台がつまった場合は、はじめにつまりの原因に合わせたパイプ用の洗剤を排水溝に入れてから水を張り、溶けやすくなったつまり汚れをラバーカップを使用し解消します。

使い方は、水が張られた排水溝にゆっくりと押し付け、完全に排水溝を密閉状態にしてから、一気に引き抜き、この動作を何度も行うことでラバーカップの吸引力によってつまり汚れが引き寄せられ崩れます。真空式パイプクリーナーも使用方法は基本的に同じで、押し付けるときはゆっくりで引くときに力を入れてください。つまりが解消されれば水が引いていきますので、水が引いていない場合は同じ動作を繰り返してください。

ワイヤークリーナーを使用する場合

排水溝でゴミやカスが塊となって時間をかけて更に硬化すると、洗浄剤や水だけでつまりを解消するのが困難になることがありますが、排水溝のしつこいつまりトラブルでもワイヤークリーナーを使用することで、直接つまりの塊を崩すことができます。

ワイヤークリーナーの種類には、ハンドル付き・無し、先端部分がブラシタイプ・螺旋状タイプ・開閉タイプなど、つまりの具合やつまった箇所によって対応できるものがいくつも売られています。パイプ用の洗剤だけでは落ちないつまりトラブルの対策として、ご家庭などに一つでも置いておくのはいかがでしょうか。



排水管を取り外しての掃除方法

 

U管を取り外し、掃除を行う方法

洗面台下に繋がっている排水パイプの構造には、排水管からくる臭いや虫を防ぐ排水トラップの機能を持つ、U管があります。その名の通りUの字に曲がっているこの部分に洗面台から流れてくるゴミやカスが溜まることで、つまりを起こす可能性がありますので、定期的に掃除を行う必要があります。

U管の両端には、それぞれナットが取り付けられているため、ウォーターポンププライヤーで取り外してからU管の掃除を行います。掃除を行う時は、U管の下にバケツを用意し、水が床に落ちないようにしてから取り外します。筒用のブラシを使ってこびり付いた汚れを落としていき、つまりが酷い場合は、針金やワイヤークリーナーなどを使ってつまりを崩しましょう。

片ツバ直管とSパイプを外しての掃除方法

片ツバ直管は洗面台の排水溝からU管との間に繋がっているパイプで、S字パイプとは、床排水の構造を採用している排水パイプの場合に、U管から排水管までの間に使われているパイプです。排水パイプ内では、片ツバ直管とS字パイプにも、毎日の使用で汚れやゴミは溜まり、つまりを起こす可能性があります。取り外して掃除を行う場合は、どちらもナットによって固定されているため、ウォーターポンププライヤーで外してから行いますが、こちらも作業前には下にバケツを置いて、水がこぼれないようにしてから、筒用のブラシで中を掃除ましょう。

ユニットバスの排水溝のつまりを掃除する方法

 

排水溝をすべて分解して掃除を行う方法

石けんや皮脂、髪の毛の蓄積が原因で排水溝がつまりを起こした場合は、排水溝の解体清掃が必要になります。まず排水溝のヘアキャッチャーを外し、次に封水筒を取ってから排水ピースも取り出しましょう。いずれの部品も回転させることで簡単に取り外すことができますので、清掃が済んだあとは逆の手順で元に戻します。排水溝は、上記の3つの部品に汚れやゴミが溜まっていきますので、部品それぞれに溜まった汚れをブラシ等を使い取り除いてください。

排水管の髪つまりを溶かす方法

排水管が髪の毛の蓄積によってつまりを起こした場合、苛性ソーダ系パイプクリーナーを排水溝に入れてください。このパイプ用の洗剤は、髪の毛を溶かす効果を持つ、水酸化ナトリウムが入っており、お湯を同時に注ぐことで、パイプ用の洗剤と化学反応が起き、つまりを溶かしていきます。注いでからつまりが溶けるの待ち、そこからお湯や水を更に流し込み、つまり汚れとパイプ用の洗剤を完全に流してください。

水垢や石けん垢の汚れを除去する方法

水垢や石けん垢などが蓄積されていくと、ベトベト汚れの塊が生まれ硬化し、つまりの原因になります。水垢や石けん垢などの汚れを溶かすためには、アルカリ性を分解する効果を持つクエン酸を使い、つまり汚れを落とす必要があります。軽度なつまりは、クエン酸をつまり箇所に吹きかけ、溶かしやすくしてから、お湯や水で流すことが出来ますが、つまり具合が深刻な状態であると、家庭用の洗剤ではつまりが解消できないこともありますので、早めに対策をすることで、重度なつまりトラブルの回避を行いましょう。

排水溝・排水管のつまり修理を水道1番館に頼んだ人の声
茨城県水戸市の飲食店様

熊本県宇土市 M様

工事内容:蛇口からの水漏れ解消

あまり使わない庭の水道の蛇口から水が漏れてるのを子供が発見しました。何かいたずらしたのかとちょっと疑いましたが、何をしても止まらないので、水道1番館さんに来てもらいました。あっという間に直してくれました。 原因を聞いたら、消耗品の部分が駄目になっていたようです。子供を疑って問いつめなくて良かったです。

愛知県瀬戸市 O様

工事内容:水栓柱を設置

定年になってガーデニングに目覚めた夫が、長いホースを買ってきてキッチンから水を引っ張って水をあげていました。 キッチンが使えなくなって不便だから、水道栓でも作ってもらえば?と言うと、なるほど!と、業者探しを始めて水道1番館さんを呼んでました。色々種類や機能を聞いて、設置するタイプを決めてお願いしました。 完成すると夫は大変満足なようで、毎日水やりに励んでいます。色々と相談に乗ってもらってありがとうございました。

山口県萩市 N様

工事内容:蛇口と柱の間からの水漏れ解消

めったに使っていない庭の蛇口あたりが濡れていたので、珍しく夫が使ったのかなぁと思って聞いてみたら、使ってないとのこと。よくよく見てみると蛇口と柱のすき間から水がたれていました。 使わないところにお金をかけるのはしゃくでしたが、水道代が気になるので、水道1番館に電話して来てもらいました。 作業中にキッチンでたまった洗いものとか洗濯してたら、こっちが片付く前に作業が終わってました。作業してくれた人みたいに手際よくできるように見習いたいと思いました。

排水溝・排水管のつまりの修理は、専門的な知識と技術が必要な場合があります。

トイレのトラブル修理ガイド 排水溝のトラブル修理ガイド お風呂のトラブル修理ガイド 洗面所のトラブル修理ガイド キッチンのトラブル修理ガイド