水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

止水栓の場所と閉め方について-トイレのトラブル基礎知識

WEB限定キャンペーン中
【対象者】 当サイトから[トイレのつまり、水漏れ、修理]
[キッチンのつまり、水漏れ]のご依頼を頂いた方全員」
お問い合わせから解決まで
作業完了後、作業内容について報告させて頂きます。内容をご確認後、お支払いとなります。
お支払は各種クレジットカードでも承ります。
作業内容・料金をご了承頂きましたら、作業に取り掛からせて頂きます。
詳しい状況を把握後、お見積りさせて頂きます。
修理内容の詳細と費用を明確に記載いたします。
【お気軽にお問い合わせください。24時間対応なので夜間も安心!
トラブルの発生場所へ最寄りのサービスステーションよりスタッフが駆けつけます。
よくあるご質問 トイレのトラブル 排水溝のトラブル お風呂のトラブル 洗面所のトラブル キッチンのトラブル 全国対応致します SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?
トイレのトラブル基礎知識

止水栓の場所と閉め方について

トイレのつまりやトラブルに関する情報を探したことがある方であれば、「まずはじめにトイレの止水栓を閉める」という記事を見た方は多いと思いますが、実際に閉めようとする場合、やり方や位置が分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、止水栓を閉めるときの注意点や一般的な位置について紹介していきます。

トイレつまりが起きたときは、便器から水があふれる恐れがあり、床への浸水など二次的なトラブルが起きる可能性があるため、事前に止水栓を閉めて給水されないようにしなければなりません。ご存知の方も多いかとは思いますが、トイレの止水栓はトイレ便器の後ろ側の壁に差し込まれている給水管に付いています。止水栓のタイプには、ハンドル付きのタイプか、マイナスドライバーで回すタイプのどちらか一つが設置されていて、どちらであっても右(時計回り)に回して閉めることができます。止水栓を閉めるときの注意点として、強く閉め過ぎて壊さないことと、逆に止水栓が固すぎて回らないときは、無理をせず閉めないことです。止水栓が固くて回らない場合、もしくはトイレ室の中に止水栓が見当たらない時は、ご自宅全体の水道の元栓を閉めて給水を止めましょう。

ただし、止水栓そのもののトラブルや交換が必要な場合は、住居への給水そのものの元栓を閉めなければ作業できませんので、水道の元栓を閉めるようにします。水道の元栓は、水道業者が確認できるように屋外に設置されていて、水道メーターと同じ場所にありますが、戸建て・アパート・マンションによって設置されている場所は異なります。戸建ての場合は、玄関などの扉やガレージ近くの地面に、量水器か給水メーターボックスと書かれた箱が埋設されており、ふたを開けると水道メーターと元栓(給水バルブ)が一緒に設置されていますので回して閉めてください。

アパートタイプの止水栓は一階部分の外に各住居者の水道メーターと止水栓がまとまって置かれていることが多く、あらかじめご自身の水道番号を確認して、他の住人の方の止水栓を止めないよう注意しながら行ってください。水道番号は水道料金の明細書か、玄関の扉付近などに水道番号が書かれたシールが張られていることがありますので、ご確認ください。マンションの元栓は、お住まいの玄関横にガス管、排水管が設置されているパイプシャフトと呼ばれる鉄製の扉の中に設置されていて、給水メーター近くにある元栓(給水管バルブか制水栓と書かれているハンドルかマイナスドライバー対応の元栓)を探し、「閉める」と書かれている方向へ回してください。

水道の 元栓の位置は、お住まいの施設状況によって様々ですので、元栓の位置が分からない、または理由があって元栓を閉められない場合などは、無理をせず水道1番館 までお気軽にご相談ください。

止水栓の場所と閉め方

緊急のお問い合わせ0120-983-547 メールからのお見積り・お問い合わせはコチラから 価格例 ご利用可能なクレジットカード アフターフォローもばっちり!1~5年の補償付