水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

トイレタンクの結露の原因と防止対策について詳しくご説明-トイレのトラブル基礎知識

WEB限定キャンペーン中
【対象者】 当サイトから[トイレのつまり、水漏れ、修理]
[キッチンのつまり、水漏れ]のご依頼を頂いた方全員」
お問い合わせから解決まで
作業完了後、作業内容について報告させて頂きます。内容をご確認後、お支払いとなります。
お支払は各種クレジットカードでも承ります。
作業内容・料金をご了承頂きましたら、作業に取り掛からせて頂きます。
詳しい状況を把握後、お見積りさせて頂きます。
修理内容の詳細と費用を明確に記載いたします。
【お気軽にお問い合わせください。24時間対応なので夜間も安心!
トラブルの発生場所へ最寄りのサービスステーションよりスタッフが駆けつけます。
よくあるご質問 トイレのトラブル 排水溝のトラブル お風呂のトラブル 洗面所のトラブル キッチンのトラブル 全国対応致します SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?
トイレのトラブル基礎知識

トイレタンクの結露の原因と対策について

冬場は、外気の低下と室内温度の差から窓をはじめ様々な箇所で結露が生じます。トイレも同様に便器やタンクに結露が生じることが多々あり、床や壁にカビが発生してしまうことも珍しくありません。特に便器まわりが濡れていると、仮に結露による水滴であったとしても利用者としては少々不快であり、常に結露を拭いたり、雑巾を置きっぱなしにしなければならないなど、衛生面でも差障りがあります。特にトイレタンクにつきましては、言うまでもなく常に水が溜められていることから、トイレ内の温度とタンク内の水温の差でタンク外側が結露する傾向にあり、こうした事象を防ぐためにタンク内には結露防止用の断熱材が貼り付けられているものもありますが、経年劣化によりその機能も低下してくると結露が顕著になってきます。一般的にトイレの照明はさほど明るくないため、結露はもちろん、その結露が床に滴っていてもなかなか気が付かず、気づいたときには床がカビだらけだったり床板が腐ってしまっていたりと、大規模な修理が必要になりかねませんので、冬場や梅雨時期は日ごろから気をつけておくようにしましょう。

タンクの結露につきましては、基本的には防露タンクといい結露対策がなされておりますが、タンク内側に張り付けられている断熱材や場合によっては発泡スチロールなどが長年水に浸かることで膨張したり、剥がれてしまって結露が生じるケースが多いです。発泡スチロールの場合、膨張によりボールタップの動作の妨げになることがあり、そうした症状が出た場合は応急処置として、その防露用の発泡スチロールを撤去してしまう修理業者もあります。トイレタンクによって、発泡スチロールに覆われているか断熱材が貼り付けられているかは様々ですので、一度トイレタンクの蓋を開けて確認してみると良いでしょう。ただし、最近の便器はタンク陶器内に防露層を設けておりますので。目視では分からないものも多くあります。冬場は言うまでもなく結露する可能性が高いのですが、夏場もトイレの利用頻度が高いと、タンク内に溜められる水が常に冷たい状態となりますので、外気の暑さとタンク内の水の冷たさにより結露が生じる可能性が高くなります。

最近ではウォシュレットなどの暖房便座を設置されるご家庭が多いため、冬場でも比較的トイレ室内温度は低くなりにくいと言われています。そのため、結露が生じやすい箇所は上述のとおりトイレタンクや床と便器の設置面、そして止水栓まわりが挙げられ、当然便器の内側が水に接している面や箇所が結露が生じやすいのは言うまでもありません。特に止水栓まわりの結露はすぐに床面に滴りますので、室内換気などを行っても状況が改善しない場合は、ホームセンター等で入手できる結露防止テープなどを巻くか、最悪雑巾等を巻きつけてこまめに交換されると良いかもしれません。稀にございますが、トイレの水漏れと勘違いしてご依頼を受け、現場で確認すると結露が原因だったというケースも珍しくありません。ただし、便器との設置面の床が濡れている場合、結露が原因の場合と便器のズレや水漏れが生じている場合もありますので、そうした場合は早めに水道1番館までご相談ください。

結露

トイレトラブルTOPへ戻る     トイレのトラブル基礎知識TOPへ戻る

緊急のお問い合わせ0120-983-547 メールからのお見積り・お問い合わせはコチラから 価格例 ご利用可能なクレジットカード アフターフォローもばっちり!1~5年の補償付