水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

便器の割れ、ひび割れについて-トイレのトラブル基礎知識

WEB限定キャンペーン中
【対象者】 当サイトから[トイレのつまり、水漏れ、修理]
[キッチンのつまり、水漏れ]のご依頼を頂いた方全員」
お問い合わせから解決まで
作業完了後、作業内容について報告させて頂きます。内容をご確認後、お支払いとなります。
お支払は各種クレジットカードでも承ります。
作業内容・料金をご了承頂きましたら、作業に取り掛からせて頂きます。
詳しい状況を把握後、お見積りさせて頂きます。
修理内容の詳細と費用を明確に記載いたします。
【お気軽にお問い合わせください。24時間対応なので夜間も安心!
トラブルの発生場所へ最寄りのサービスステーションよりスタッフが駆けつけます。
よくあるご質問 トイレのトラブル 排水溝のトラブル お風呂のトラブル 洗面所のトラブル キッチンのトラブル 全国対応致します SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?
トイレのトラブル基礎知識

便器の割れ、ひび割れについて

便器は古くから陶器が用いられています。技術が進んだ現代社会では、陶器に変わるもっと軽い素材や強度の高い素材が使われても不思議ではありませんが、例外こそあるものの依然として陶器の便器が一般的です。これには諸説があるようですが、まずは強度の問題が一番に挙げられるようです。トイレは交換こそできるものの一般的には住居とセットで考えられるため、その耐久年数は20年~30年程度を見越して作られます。便器が絶対的に陶器である必要性はありませんので、近年では飛行機の窓ガラスなどに用いられるアクリル樹脂素材の便器なども販売されていますが、これら素材が20~30年スパンでの耐久性があるかどうかの確証が得られていないというのが実情かもしれません。確かに、トイレといえば掃除頻度も高いため耐久性はもちろん、素材劣化等も避けなければなりませんので、そういう観点から言えば陶器が無難で、ロータンクなども絶対的に破損してはならない部品ではあるので陶器である理由も納得できます。

ただし、まれに便器の破損というご依頼がございます。便座に座ったとたん便器そのものが割れたなどの事象は稀だとは思いますが、掃除中に便器に花瓶を落としたらヒビが入った、踏み台にしたら割れたなどのご相談が散見され、場合によっては大怪我するところだったというケースも少なくありません。上述のとおり便器は陶器ですので、割れたりするとその割れ口が鋭利な刃物のような形になる恐れもあります。実際に便器割れでの怪我の事例などもありますので、取り扱いには十分気をつけて頂きたいと思います。一方、便座の多くは樹脂製のものが多いため便器ほどの強度はありません。形状的に割れにくい形にはなっておりますが、どうしても年末年始の大掃除などで便座を踏み台にされる方が多いようなので、既に樹脂が劣化しているような古いものは割れてしまう恐れがあります。JIS規格では荷重150kgまでの強度試験をクリアしたもののみ製品化されるので、通常の使用で割れる可能性はほとんどありませんが、便座を倒して座ろうとしたら割れた・・・などいうケースもありますので、最近の便座は「バタン」と倒れないような工夫がなされています。

話が逸れましたが、便器の割れは程度にも因りますが多くの場合が交換になります。一時的にシール剤等で水漏れを防ぐことはできますが、いつ割れるか分からないと言う状態で落ち着いて用を足すことは難しいので、早めの交換をオススメします。特にロータンクの蓋を落として割ってしまったりするケースが多いですが、この場合もタンク一式交換した方が良いです。近年、便器の汚れを落とすために熱湯を注ぐと良いなどという情報が出回っておりますが、便器の製造メーカーは推奨しておりません。急激な温度変化による割れやひび割れを招く恐れがありますので、少なくとも40度程度のぬるま湯に留めておいた方が良いでしょう。軽い程度のひび割れでも、水は毛細管現象により徐々に浸透してきます。また、そのひび割れ箇所に汚れが溜まり、時間と共に汚れが固着してきますので、特に便器内部のひび割れ等は早めに交換された方が良いでしょう。水道1番館なら、洋式・和式問わず便器交換のプロフェッショナルが対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

便器の割れ、ひび割れについて

緊急のお問い合わせ0120-983-547 メールからのお見積り・お問い合わせはコチラから 価格例 ご利用可能なクレジットカード アフターフォローもばっちり!1~5年の補償付