水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

海外のトイレつまり事情-トイレのトラブル基礎知識

WEB限定キャンペーン中
【対象者】 当サイトから[トイレのつまり、水漏れ、修理]
[キッチンのつまり、水漏れ]のご依頼を頂いた方全員」
お問い合わせから解決まで
作業完了後、作業内容について報告させて頂きます。内容をご確認後、お支払いとなります。
お支払は各種クレジットカードでも承ります。
作業内容・料金をご了承頂きましたら、作業に取り掛からせて頂きます。
詳しい状況を把握後、お見積りさせて頂きます。
修理内容の詳細と費用を明確に記載いたします。
【お気軽にお問い合わせください。24時間対応なので夜間も安心!
トラブルの発生場所へ最寄りのサービスステーションよりスタッフが駆けつけます。
よくあるご質問 トイレのトラブル 排水溝のトラブル お風呂のトラブル 洗面所のトラブル キッチンのトラブル 全国対応致します SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?
トイレのトラブル基礎知識

海外のトイレつまり事情

日本のトイレは海外諸国と比較しても先進的であり、機能面でも追随を許さないといっても過言ではないくらい高い技術力が反映されています。これはトイレのみに限らず、排水にせよ給水にせよ 、様々なトイレの構成部品一つひとつに色々な工夫や技術が盛り込まれており、トイレのつまりが頻繁に起こることがないのはこうした技術の賜物であると言えます。では、海外ではどうでしょうか?日本から海外旅行へ行かれて、ホテルのトイレがつまってしまったという運の悪い方も少なくはないようですが、やはり海外のトイレ事情は日本とは多少違いがあるようで、それに合わせてトイレのつまりというのも日常的に起こりうるものだと考えられているようです。そうした背景もあり、海外ではトイレつまりの修理器具が多く販売されており、日本で代表的なラバーカップ(すっぽん)はもちろんですが、さらに強力は正圧を生じさせるプランジャーシートやバキュームシートなるものが普及しています。

ラバーカップは、トイレのつまりが生じたときには欠かせないアイテムですが、普段の保管場所や使った後の掃除や洗浄が面倒と言うデメリットもあります。また、ラバーカップでは結局つまりを除去できなかったというケースも往々にあるうえ、女性ではかなり重労働であることは否めません。そんなラバーカップをさらに強力にしたのがプランジャーシートやバキュームシートです。日本国内で入手できるかどうかは分かりませんが、原理としては便器そのものをシートで密封してしまい、圧を掛けて詰まりを押し流すというもので、たしかに強力そうではありますが、ロータンク側に逆流してしまう恐れはないのか、心配になる部分もあります。ラバーカップは使用後の洗浄が厄介、上述のバキュームシートは便器内が完全に汚物水で満たされてから、つまりと一緒に押し流すものなので、いずれの場合も手を汚さずに・・・という訳にはいかなさそうですが、シートの場合は終わったらそのままプラゴミとして捨てる点では後者の方が使い勝手は良いかもしれません。

海外のトイレがつまりやすいもうひとつの理由が、トイレットペーパー以外のものを流してしまうことが多い傾向にあるようです。残飯やタバコの吸殻など、日本とは多少トイレ事情が異なるようなので、この辺は各国で統一された傾向はないのですが、日本人の感覚では考えられないようなものまで流してしまう場合があるようです。トイレのつまりの原理は比較的簡単で、ペーパーが水に溶ける前に排水トラップがせき止められてしまうことにあります。もちろん、水に溶けないものや溶けにくいものなどが排水の流れをせき止めている場合、自然に直ることはまずありません。特にティッシュペーパーはトイレットペーパーとは異なり、水に濡れても簡単にはほぐれないよう、湿潤紙力増強剤等の樹脂等で固められていたり、密度を濃くしてパルプ繊維が絡み合うように作られています。トイレに流せますといったトイレ掃除用のシートなども基本的にはゴミ箱に捨て、ティッシュペーパーは絶対に流さないようにしましょう。

海外のトイレつまり事情
※上記写真はイメージです

緊急のお問い合わせ0120-983-547 メールからのお見積り・お問い合わせはコチラから 価格例 ご利用可能なクレジットカード アフターフォローもばっちり!1~5年の補償付