水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

トイレの凍結防止策と水抜き方法-トイレのトラブル基礎知識

WEB限定キャンペーン中
【対象者】 当サイトから[トイレのつまり、水漏れ、修理]
[キッチンのつまり、水漏れ]のご依頼を頂いた方全員」
お問い合わせから解決まで
作業完了後、作業内容について報告させて頂きます。内容をご確認後、お支払いとなります。
お支払は各種クレジットカードでも承ります。
作業内容・料金をご了承頂きましたら、作業に取り掛からせて頂きます。
詳しい状況を把握後、お見積りさせて頂きます。
修理内容の詳細と費用を明確に記載いたします。
【お気軽にお問い合わせください。24時間対応なので夜間も安心!
トラブルの発生場所へ最寄りのサービスステーションよりスタッフが駆けつけます。
よくあるご質問 トイレのトラブル 排水溝のトラブル お風呂のトラブル 洗面所のトラブル キッチンのトラブル 全国対応致します SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?
トイレのトラブル基礎知識

トイレの凍結防止策と水抜き方法

東北地方や北海道にお住まいの方なら周知の事項かもしれませんが、気温が零度以下に下がる地域では水回りの凍結防止が冬場の課題であり、トイレの給水管や排水まわりも例外ではありません。近年では凍結防止技術も進歩し、様々な工夫がなされていることから、凍結による水道管破裂などの大掛かりなトラブルは聞かれませんが、旅行や出張で長期不在される場合などは、トイレをはじめとする水回りの水抜き(水落とし)を行わないと、凍結による給水管の破裂やパッキン断裂などの恐れがありますので注意が必要です。特にトイレには給水管をはじめ、ウォシュレットへの分岐水洗、タンク内のボールタップなどの部品は、水の凍結により破損に繋がり、思わぬ出費を招く場合がありますので、ここでは冬場の凍結対策における水抜き方法をご紹介します。

東北地方や北海道などの寒冷地の住宅物件には、元々電動水抜き操作盤が取り付けられているものがあります。操作盤があるご家庭では、説明書等をご覧になりながら水抜き作業を行い、操作盤のない住宅のトイレの水抜きにつきましては、まず止水栓を閉めてからトイレレバーをひねって水を流し、トイレタンク内の水を空にします。一部の寒冷地仕様のトイレは、このトイレレバーにロックボタンがついており、水が完全に抜けるまでレバーがロックされ、フロートバルブが開き続けるタイプの便器もあります。便器内の封水につきましては、こちらを抜いてしまうと下水の臭いが上がってきてしまいますので、トイレ凍結防止用の不凍液を流しておくのが一般的です。また寒冷地仕様のトイレは、封水が溜まる箇所の内蔵ヒーターが備え付けてあるタイプもありますが、長期間不在とする場合は電気等も落としてしまう場合がありますので、不凍液を入れておくのが無難です。

特に凍結による故障が多いのがウォシュレットで、長時間使用しない場合は水抜き作業は必須です。特に給水管の接続箇所や分岐水栓箇所が凍結・膨張し、最悪接続ホースの破裂やパッキン破損に至りますのでので、給水フィルター付近の水抜きプラグから内部に注水されている水を抜くか、完全にバラして内部の水を抜いておくことが必要です。水抜き作業につきましては、ウォシュレットのモデルにより作業手順や方法が異なりますので、ウォシュレットの取扱説明書に記載された手順に従って作業を行うようにしましょう。また、凍結防止には各種止水栓からの給水管やウォシュレットの接続ホースなどに凍結防止用のウレタンカバーを巻いておく方法もあります。一度ホース類が凍結してしまうと、溶けて通常に使えるようになったとしてもいずれかの箇所が破損していたり、断裂している場合がありますので、ウォシュレット回りは特に水漏れを起こしていないか注意してみるようにしましょう。

札幌・小樽など北海道でのトイレトラブルはこちら

仙台市など東北エリアでのトイレトラブルはこちら

緊急のお問い合わせ0120-983-547 メールからのお見積り・お問い合わせはコチラから 価格例 ご利用可能なクレジットカード アフターフォローもばっちり!1~5年の補償付