水漏れ・つまりなど水道トラブルのご相談は水道一番館へ お問い合わせフォーム 水道一番館

封水の下がりや切れの原因-トイレのトラブル基礎知識

WEB限定キャンペーン中
【対象者】 当サイトから[トイレのつまり、水漏れ、修理]
[キッチンのつまり、水漏れ]のご依頼を頂いた方全員」
お問い合わせから解決まで
作業完了後、作業内容について報告させて頂きます。内容をご確認後、お支払いとなります。
お支払は各種クレジットカードでも承ります。
作業内容・料金をご了承頂きましたら、作業に取り掛からせて頂きます。
詳しい状況を把握後、お見積りさせて頂きます。
修理内容の詳細と費用を明確に記載いたします。
【お気軽にお問い合わせください。24時間対応なので夜間も安心!
トラブルの発生場所へ最寄りのサービスステーションよりスタッフが駆けつけます。
よくあるご質問 トイレのトラブル 排水溝のトラブル お風呂のトラブル 洗面所のトラブル キッチンのトラブル 全国対応致します SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?
トイレのトラブル基礎知識

封水の下がりや切れの原因・修理について

洋式トイレの水位が低い、もしくは下がってきている、水を足しても水位が上がらないなどの事象をご存知の方も多いかと思います。トイレに溜まっている水は一般的に封水(ふうすい)と呼び、排水からの悪臭の逆流を防ぐ目的のほか、便器の汚れ付着を防ぐ目的もあります。

洋式トイレ(大便器の場合)には流し方(洗浄方法)の違いにより様々な種類がありますが、旧来からの水の落差を利用した洗浄方法である「洗い落とし式」から、排水を屈曲させて渦を巻きながら汚物を排出する「サイホン式」、さらにはサイホン式を強化した「サイホンゼット式」が現在では主流となっております。このサイホン式のトイレには、封水の水位を上げるためにタンク内のボールタップ(浮き玉)に補助水管がついており、この補助水管から便器内に余分に水を送って封水の水位を上げる仕組みになっています。

封水の水位が下がる要因として

・流した後にコポコポと封水が波打つ場合は、つまりの症状が出ている恐れ
・水が溜まる箇所(トラップ)の底に汚れが付着し、
 全体が浅くなっていることで水が流れ出てしまっている
・何らかの原因でタンクの貯水量が少ない、
 タンクの貯水栓が閉まるタイミングが早すぎる
・タンク内の補助水管がオーバーフロー管の内側に入っていない
・他所(例えば浴槽の水を抜いた場合など)で排水していると、
 排水管内の圧力差(マイナス圧)が生じ、封水が引っ張られ水位が下がる
・通気管の取り回し不良・閉塞(構造的な問題)
・サイホンゼット式便器における封水内のゼット孔のつまり

などが考えられますが、便器はもちろん、建物の排水構造などにもかかわる部分なので、原因究明は単純ではありません。トイレがつまってしまって水が流れない状況では早急に対応しなければまりませんが、封水の下がりや上がり、流れが悪い程度の症状だと何だかんだで放置しがちになってしまいますので、完全につまってしまう前に対処した方が良いでしょう。

トイレを清潔に保っているにもかかわらず悪臭がする場合などは、封水が切れて(排水トラップ内の水が完全になくなる)しまって悪臭が逆流してきている可能性がありますので、トイレはちゃんと流れたとしても、こちらはすぐに対応する必要があります。便器やタンク内に問題がある場合は概ねその場での修理が可能ですが、集合住宅などでは通気管に不具合が生じている場合などは、その場での対処が困難になります。まずは封水が下がる、切れる原因を究明する作業から入ります。

水量不足によるトイレつまり

緊急のお問い合わせ0120-983-547 メールからのお見積り・お問い合わせはコチラから 価格例 ご利用可能なクレジットカード アフターフォローもばっちり!1~5年の補償付